ブランク 総合病院 看護師

総合病院への転職はブランクがあっても看護師さんは可能?

 

看護師として総合病院へ転職しようとお考えですか?
総合病院は大規模な病院で看護師に人気な職場ですね。

 

 

しかし、その総合病院に転職したくてもブランクがあっても可能かどうか気になるところだと思います。

 

このサイトではブランクがあっても総合病院へ看護師として就職できるのかについて解説します。

 

ブランクがあっても総合病院で転職できるのか?

 

ブランクがあると総合病院に転職できるのか気になると思いますが、結論から言えば転職は可能です。
ただし、いくつかの条件があるということは承知してください。

 

 

年齢制限がある場合がある

 

総合病院への転職はブランクがあるないに関わらず年齢制限を設けている場合があります。
これは企業でもおまじことが言えることですね。

 

 

1人しか採用できない場合にこれから伸び代がある若い人を採用するか、経歴がわからない40代を採用するとしたら前者だと思います。

 

総合病院は若い人が多く入ることが多いですね。

 

 

多くの総合病院は35歳までの年齢制限を設けているところが多いです。

 

年齢宣言は求人情報に記載しているところもあれば、記載していないところもあります。

 

 

年齢制限の記載がないということは年齢制限をしていない。
なんてことはありません。

実はこれ、書いてないだけで内部的には年齢制限をしていて書類選考で落とされることがあります。

 

また、35歳の年齢宣言を設けているところで採用されても正規の職員ではなくパートとして扱われることがあります。
注意しないといけないですね!

 

 

ブランク期間の問題

ブランク期間と言っても人によって様々ですね。
ブランクがあるということは、何年か看護師の仕事を離れていることを言います。
その期間が1年なのか2年なのか、また10年なのかで変わってくるでしょう。

 

例えば、結婚や出産をきっかけに退職して育児が落ち着いて病院に復帰すると考えた場合で総合病院へ転職しようと考えた場合は採用されにくいということはありません。

 

 

新人の1年目?3年目以内で病院を退職して、看護師の資格を持ちながら他の仕事で働く潜在看護師という人は多くいます。
中にはキャバクラで働いている人もいますね。

 

 

スーパーのレジやコンビニのアルバイトやパートをして給料の少なさに驚いて看護師として復帰する人は少なくありません。
なので、このような場合はブランクがおそらく1年か2年程度と短いので総合病院への転職は難しくないでしょう。

 

 

しかし、キャバクラで働いた看護師は少し異なります。
これはキャバクラは給料が多いからですね。
人によっては月収がものすごく高くもらえる業界ですから看護師として復帰したいと考えることは少ない人が多いです。

 

 

しかし、これは若い時に限り年齢を重ねていくと収入は減少傾向にあります。
そんな時に看護師として復帰したいと考えた場合は総合病院への転職は難しいでしょう。

 

 

例えば新卒で1?2年目で看護師をやめて他の仕事をして、10年のブランクで復帰をするとなると年代は30代前半だとしても看護スキルは新卒とさほど変わりません。

 

なので病院は1から教育しないといけないので同じ30代看護師を採用しようと考えた場合に、ずっと看護業界でバリバリ働いてきて経験豊富で知識がある看護師と、ブランクが10年あって新人と変わらないようでしたら前者を採用するでしょう。
なので、非常に難しいです。

 

このようにブランク期間や理由によっても採用されやすさがあるということを承知してくださいね。

 

ブランクがある場合は復職研修を受けよう

 

看護師でブランクがある場合は復職研修を受けると採用されやすくなります。
長期間看護師として離れている場合は日々進歩している医療について知らないことがあるでしょう。

 

新薬や新しい治療法などどんどん増えていきますからね。
なのでブランクがある場合は採用されることの前に病院で仕事についていけるか心配になる看護師も少なくありません。

 

 

そんな看護師のために復職研修があります。

 

この看護師が復職を目指すための研修は看護協会が行なっているものと、病院が行なっているもの2種類があります。

 

看護協会の復職研修

日本看護協会が主催するものもあれば各地域の看護協会が主催するものもあります。
看護協会が行なっている復職研修は、新しい医療についての知識を知ることができたり最新の医療機器の使い方を教えてもらうことができます。

 

 

研修期間は1?2週間設定されていることが多いのでじっくりとブラックを取り戻すために研修を受けることが可能です。

 

病院の復職研修

病院が主催する復職研修は研修後にその病院で勤務することを前提に行なっているパターンが多いです。
しかしながらこれは絶対ではないです。

 

 

なので、復職研修を行なってから転職を考えるということも可能です。

 

数ヶ月ごとに行われているので様々な病院で復職研修を受けることを考えてみるということもありですね。

 

 

このような復職研修を修了するすると転職で採用されやすい場合が多いです。

 

ブランクがあっても採用されやすい看護師の勤務先

 

あなたは総合病院へ転職しようと考えていると思いますが、ブランクがあって転職が難しいかもと思っているかもしれませんね。
なので一度他の勤務先に目を向けてみましょう。

 

ブランクがあっても採用されやすい看護師の勤務先を紹介します。

 

 

療養施設

療養施設はブランクがあって急性期の患者さんをみることが難しい、心配だという看護師に人気な勤務先です。
療養病棟の患者さんは急変することは少ないので仕事がバタバタしません。

 

なので、ブランクがある看護師には人気が高い病院です。

 

クリニック

クリニックは入院患者がいないので夜勤がありません。
仕事は医師の補助や患者さんの誘導などから始めることができます。
覚えることが少ないので長い期間現場から離れていてブランクがある看護師には仕事がしやすく人気な職場です。

 

介護施設

介護施設は医療行為が少ない勤務先です。
なのでブランクがあっても非常に働きやすい職場と言えますね。

 

ただし、入居者対象が急変した場合はその判断を看護師に委ねられるということがありますのである程度臨床経験が豊富な人出ないと採用が難しいです。

 

また、介護施設は託児所を併設しているところが多いので、育児と仕事を両立させたいと考えている看護師にはおすすめです。

 

 

学校や保育所

学校や保育所は子供相手の看護です。
なので、育児を理由に看護師の現場から遠かっていた看護師にはうってつけの勤務先ですね。
自分にも子供がいると思いますので、子供に対してどのようにすればいいかなどわかることがあるでしょう。

 

学校や保育所の求人情報は非常に少ないので見つかったらラッキーという具合です。

 

これは一般的に大々的に募集を行なっていないので、学校や保育所で勤務したいと考えたい場合は看護師求人転職サイトの登録しましょう。

 

 

総合病院はどうなの?

 

それでもやっぱり総合病院で仕事をしたいとお考えの場合がありますね。

 

最初に解説した通り、ブランクがあっても総合病院で転職は可能です。

 

採用されやすいかされにくいかと言えば人によりますが、実はどちらかというと総合病院はブランクがあっても採用されやすい傾向があります。
その理由は、看護師は慢性的に人手不足ということが一つの理由です。

 

「看護師ならとりあえず来てくれ!」というような総合病院も少なくありません。

 

でもブランクがあって心配だと考えてしまうかもしれませんが安心してください。
総合病院は教育制度がしっかりしているとことなら、しっかりと先輩看護師から指導を受けることですぐに復帰することができるでしょう。
ブランクがある看護師を対象に、研修プログラムを用意している病院もあります。

 

即戦力になるような知識や技術を短期間で学べるというメリットはありますが、研修についていけなくて挫折してしまうケースも珍しくありません。

 

また、ブランクOKという記載がなくても研修制度やプリセプター制度が充実している医療機関の求人もあり、ブランクがある看護師でも受け入れてくれる医療機関もあるので、そのような求人を狙うのもいいでしょう。

 

なのでブランクがあっても安心して働くことができますね。


引用元:ブランクがあっても復職したい看護師のおすすめな求人の見つけ方

 

総合病院では託児所を併設しているところがありますので、育児中の看護師が仕事と育児を両立させやすいです。

 

ブランクがあっても総合病院へ転職する方法

 

ブランクがあっても総合病院へ転職したい。
そんな時は看護師求人転職サイトの活用をおすすめします。

 

看護師の転職には求人情報誌やハローワーク、ナースセンターなどがありますが、最も成功率が高いのは看護師求人転職サイトなんです。

 

キャリアコンサルタントに相談しよう

看護師求人転職サイトに登録するとキャリアコンサルタントたが1人担当についてくれます。
この担当キャリアコンサルタントにあなたの転職の条件を相談しましょう。

 

なので、キャリアコンサルタントに総合病院へ転職したいと伝えればいいですね。

 

そうすれば総合病院の求人情報を調べて紹介してくれるでしょう。
中には条件のいい非公開求人があるのでそのようなところを紹介してくれることがあります。

 

ブランクがある場合にどうすればいいか、履歴書はどのように書けばいいか、面接対策など転職がうまくいくまで徹底的にサポートしてくれるので安心して相談してください。

 

希望と違う勤務先を紹介される場合がある?

 

看護師求人転職サイトのキャリアコンサルタントから希望とは違う求人情報を紹介されることがあります。

 

これは悪意があるわけではなく、病院から何としても人が欲しいと相談を持ちかけられて、あなたならもしかしたら合うのでなないか、興味が出るのではないかと提案してしてくれるものです。

 

その勤務先が気に入れば問題ないのですが、そうではない場合はきっぱりと断っても問題ありません。
あなたの転職なのであなたが納得した勤務先へ転職することがベストですからね。

 

複数のサイトを利用する

 

看護師求人転職サイトはサイト一つにつき、1人のキャリアコンサルタントが担当につきます。
なので3つのサイトに登録すれば3人のキャリアコンサルタントが担当につくということですね。

 

キャリアコンサルタントも人間なので相性があります。
なので、あなたに合わないと思ったら他のキャリアコンサルタントに相談するということが容易に出来ます。

 

実際にあなた自身が看護師求人転職サイトを比較するということですね。

 

まとめ

 

ブランクがあっても総合病院へ転職は可能です。
ただし、ブランクの種類によっては難しい場合があります。

 

復職研修がありますので転職する前に一度受けておくことをおすすめします。
このほうが採用されやすくなるからですね。

 

総合病院は教育制度がしっかりしているのでブランクがあっても働くことが可能でしょう。